プレイボーイ バラ

オレンジ色の花は開花とともに赤味を増す

・春は大きな房咲きになり、株全体を覆いつくすほど多くの花をつける。
・秋は数輪の房咲きになり、花もちは普通のバラ。
・プレイボーイは早咲きで、樹勢が強く生長するとコンパクトにまとまる。
・プレイボーイの耐病性は、うどんこ病には弱い。黒星病には強い。
うどんこ病の防除⇒月間3~4回以上の定期的な薬剤散布が必要です。その他の、うどんこ病に対する注意点は、気温15~25℃になると発生しやすくなる。比較的気温が冷涼で、雨が少なく乾燥した状態や、チッ素肥料のやりすぎで枝葉が茂りすぎたり、密植して日当たりや風通しが悪い環境でも発症しやすくなります。
早期の発見と対応ができれば、花弁への影響や葉を切り取るなどの処置を避けることができます。葉に白い斑点を発見したときは、1週間位の間隔で酢(酸性)や重曹(アルカリ性)を薄めた液を散布しましょう。初期段階では、酸性・アルカリ性にするだけで効果があります。ただし、症状が重くなり繁殖が止まらなくなると、うどんこ病になった葉を摘み取り、二次災害を防ぐために強い薬剤を散布する必要があります。
病気や害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

プレイボーイ バラ

プレイボーイ バラ

樹勢が強くバランスよい樹形にまとまる

作出国:イギリス
作出年:1976年
作出者:Alexander M. Cocker
系統:[F] フロリバンダ
交配親:City of leeds × (Chanelle × Piccadill)
咲き方:四季咲き
花形:半八重咲き
花径:中輪
香り:微香
樹形:半横張り性
樹高:100cm
撮影:生田緑地ばら苑 2014年10月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

春は大房になり株を覆うほど多くの花をつける

バラ園の風景:
バラ園の風景

「バラの豆知識」 園芸用語 { 一の付く用語 }:
・一日花(いちにちばな):アサガオやハイビスカスの花のように、1つの花が咲いて萎むまでの寿命が、約1日しかない花のことをいいます。
・一年枝(いちねんし):その年の春以降に出た枝のこと。生じてから1年未満の枝なので、一年枝といいます。まだ翌年の春を迎えて最も若い枝です。
・一年草(いちねんそう):タネをまいてから1年のうちに花が咲き、実を付け、枯れてしまう草花のこと。
春にタネをまいて育てる”春まき一年草”と秋にタネをまいて育てる”秋まき一年草”があります。
・一番花(いちばんばな):1つの株のうちで最初に咲く花。または、花房のこと。続いて花が咲く順番に”二番花”、”三番花”と呼びます。
・一季咲き(いっきさき):花の咲く時期が、春なら春だけというように、一つの季節のみしか咲かない性質のと。
・一歳植物(いっさいしょくぶつ):一般の植物はタネをまいたあと、芽が出て花が咲き、実がなるまでに数年かかります。ところが、ある樹種や品種では、一般のもと比べて生長が早く、1~2年のうちに花が咲き、実がなるものがあります。これらを園芸では”一歳植物”または”一歳もの”と呼びます。

スポンサードリンク