フロージン’82-Frohsinn’82 の、明るいオレンジ色の花弁は、咲き進むにつれ弁端がサーモンピンクに染まっていきます。

フロージン82はハイブリッドティー系統のバラです

ピンク色と橙色のグラデーションが美しいバラ

  • フロージン’82は、花つき花もちがよく、巨大輪になる。
  • 花もちはよいが、花弁に赤い斑点が出やすい。
  • 枝は堅くトゲが小さいので扱いやすい。
  • シュートの発生が、やや緩慢です。
  • 樹形はコンパクトにまとまり、花つきもよいので鉢植えに向いている。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。週に1回以上の定期的な薬剤散布を行えば、ほとんど病害の発生はない。

    スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

フロージン82の花形は半剣弁高芯咲き

フロージン82は四季咲きです

フロージン82の花径は14cmを超える巨大輪です

フロージン82は半直立性の樹形です

強健性で育てやすく初心者にも適するバラ

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1982年
  • 作出者:Mathias Tantau, Jr.
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:未発表
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:巨大輪(14cm・花弁数21~34枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:160cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年10月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

フロージン’82はオレンジ色にピンク色がかった巨大輪

バラ園の風景:

谷津バラ園の風景

  • 園芸作業⇒用土
  • バラを元気に育てるには、根の健全な生育が必要です。
  • 水はけと、保水性のよい土壌で栽培することで、根が健全に生育して病害虫に対しても強いバラが育ちます。初めてバラを育てる方は、まずバラ用の培養土で栽培してみるのがよいでしょう。
  • 自分で配合する場合は、赤玉土(小粒)3:赤玉土(中粒):腐葉土2:牛フン堆肥2の割合で配合します。これが基本ですから、あとは品種や環境によって配合を変えてみましょう。
  • 鉢植えの場合、8号(直径24cm)以上で、土がたくさん入る深めの鉢が適しています。赤玉土:6腐葉土:4の割合で混ぜ込んでおきます。(元肥は混ぜないでください)