バラ ブルー・リバー

濃いラベンダー色から赤紫色に変化する

・ブルー・リバーは花つきがよく、二番花からやや小振りなサイズになる。
・濃いラベンダー色で外弁が赤紫色、さらに咲き進むと花弁全体が赤味を帯びる。
・ブルー・リバーは分枝がよく、枝はやや細くトゲが多いバラ。
・水が不足になると、シュートの発生が少なくなる。
・樹形はコンパクトで、まとまりがよいので鉢栽培にも適する。
・枝変わりに「ブル・ドゥ・パルファム」があります。
・ブルー・リバーの耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は必要。
(病気に強い品種も月間1回程度の薬剤散布をすれば、より順調な生育が期待できる)
病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

バラ ブルー・リバー

バラ ブルー・リバー

バラ ブルー・リバー

バラ ブルー・リバー

ブルー・リバーの樹勢は中程度だが育てやすい

作出国:ドイツ
作出年:1984年
作出者:W.Kordes
系統:[HT] ハイブリッド・ティ
交配親:Blue Moon × Zorina
咲き方:四季咲き
花形:丸弁抱え咲き
花径:大輪
香り:強香
樹形:直立性
樹高:100cm
撮影:神代植物公園 2014年10月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

花は小ぶりだが数輪の房咲きになり多花性のバラ

バラ園の風景:
横浜イングリッシュガーデンの風景

スポンサードリンク