バラ ブルー・ランブラー

青みを帯びた赤紫色の小輪花

・ブルー・ランブラーは円錐状で、20輪ほどの大きな房咲きになる。
・シュートの枝元から先端まで、多数の花枝を伸ばして、花つき花もちがよいバラ。
・紫色の花弁は開花につれて青みが増してくるバラ。
・枝は少し堅いがトゲが少なく、誘引にはさほど苦労はしない。
・ブルー・ランブラーは樹勢が強く、シュートの発生が活発です。
・ブルー・ランブラーの耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。予防には月間3~4回以上の定期的な薬剤散布が必要です。
うどんこ病の防除:月間3~4回以上の定期的な薬剤散布が必要です。その他の、うどんこ病に対する注意点は、気温15~25℃になると発生しやすくなる。比較的気温が冷涼で、雨が少なく乾燥した状態や、チッ素肥料のやりすぎで枝葉が茂りすぎたり、密植して日当たりや風通しが悪い環境でも発症しやすくなります。
病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

ブルー・ランブラー バラ

バラ ブルー・ランブラー

バラ ブルー・ランブラー

バラ ブルー・ランブラー

バラ ブルー・ランブラー

ブルー・ランブラー バラ

半八重カップ咲きの小輪花が房咲きになる

作出国:ドイツ
作出年:1909年
作出者:J. C, Schmidt
系統:[HMult] ハイブリッド・ムルティフローラ
交配親:Crimson Rambler ×  Erinnerung an Brod
咲き方:一季咲き
花形:半八重カップ咲き
花径:小輪
香り:微香
樹形:つる性
伸長:450cm
撮影:生田緑地ばら苑 2014年10月、2016年5月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ブルー・ランブラーは強健で日照りや半日陰でも丈夫に育つ

バラ園の風景:
バラ園の風景

スポンサードリンク