プリンセス アレキサンドラ オブ ケント-Princess Alexandra of Kent は、明るいローズ色の大輪咲きですが、初期はカップ形で、開花が進むとロゼット咲きに変わります。

プリンセス アレキサンドラ オブ ケントは半つる性の樹形

明るいローズ色で大輪のバラ

  • 外側のソフトピンクの覆輪が、内側のピンクを包みこむようになるバラ。
  • 花首は細くはないが、大輪房咲きのため重さでうつむきかげんに咲きます。
  • 樹形はまとまりが悪い、シュートは弧を描き下垂します。
  • 枝はトゲが多いが、しなやかで扱いやすい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は必要。
  • 薬剤散布の前に⇒健全に生育している植物は、耐性も強く回復力も高いといえます。病害虫対策を考えるとき、つい薬剤に頼ってしまいますが、まずはそのバラが弱ってきた原因を同時に考える必要もあります。
  • 園芸品種のバラは原種に比べて耐病性、耐害虫性が弱い傾向にあるので、最近では予防的なオーガニック栽培も増えてきています。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

プリンセス アレキサンドラ オブ ケントの花径は11cm以上

プリンセス アレキサンドラ オブ ケントの樹高は130cm前後

プリンセス アレキサンドラ オブ ケントは花弁の重さでうつむいて咲きます

プリンセス アレキサンドラ オブ ケントの枝は繊細で弓状にしなるようです

プリンセス アレキサンドラ オブ ケントは花つきがとてもよい

エリザベス2世の従兄弟でバラ愛好家の王女にちなんだ花名

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2007年
  • 作出者:David CH Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き~ロゼット咲き
  • 花径:大輪(11cjm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香(ティー系からフルーツ香、そしてブラックカラントの香りへと変わる)
  • 樹形:シュラブ(横張りタイプ)
  • 樹高:130cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年10月、2016年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

大輪の房咲きで花の重みで枝垂れ気味に咲く

バラ園の風景:

京成バラ園の風景