プリンセス アイコ-Princess Aiko は、敬宮愛子内親王殿下の誕生を祝して命名されたバラです。スプレー状で数輪の房咲きになり、花つき花もちがよい。

プリンセス アイコはフロリバンダ系統です

クリアーなピンク色の華麗なバラ

  • 枝は直立によく伸びるが、枝数が少ないので株姿が少し粗くみえる。
  • 敬宮愛子内親王殿下の誕生を祝って、名付けられたバラです。
  • 四季咲き性に優れ、シーズンを通して長い間を咲き続けます。
  • 樹勢はほどよく中程度で納まり、まとまりがよい。
  • コンパクトな樹形で鉢栽培にも適している。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。順調な生育のために、月間3~4回の薬剤散布が必要です。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

プリンセス アイコは剣弁高芯咲きです

プリンセス アイコは花つきがとてもよい品種

プリンセス アイコの樹形は半直立性です

樹形はまとまりがよく鉢栽培にも適する

  • 作出国:日本
  • 作出年:2002年
  • 作出者:武内俊輔 氏(京成バラ園芸)
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Mimi Rose × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:中輪(9cm・花弁数25~34枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年6月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

四季咲き性に優れ、シーズンを通して咲き続けるバラ

バラ園の風景:二子玉川の近くにある園芸店の屋上庭園にて

バラ園の風景