• ジャーマン カモミール-german chamomile は、花後に枯れる一年草です。
  • カモミールの名称で呼ばれ、ハーブとして親しまれているのはジャーマン・カモミール(以下ジャーマン種)とローマン・カモミール(以下ローマン種)の2種類があります。
  • 花や葉姿、性質も似ていますが、分類上は属が異なり別の植物です。

ハーブ カモミール

周りの植物を元気にするコンパニオンプランツ

  • ここでは同じカモミールの名前で呼ばれているローマン・カモミールについても掲載しました。(栽培に関しては、ほぼ同じ)
  • 同じカモミールの名称があるダイヤーズ カモミールのページも参考にしてください。
  • 分類:キク科・シカギク属 / 原産地:ヨーロッパ
  • 学名:Matricaria recutita
  • 別名:カモミール、カモマイル、(和名・カミツレ)
  • 1年草 / 草丈:30cm~90cm
  • 開花期:ジャーマン種・3月~5月 ローマン種・6~7月 栽培方法:地植え、鉢植え   
  • 特徴
  • カモミールと呼ばれ、ハーブとして親しまれているのはジャーマン・カモミール(以下ジャーマン種)とローマン・カモミール(以下ローマン種)の2種類があります。
    花や葉姿、性質も似ていますが、分類上は属が異なり別の植物です。カモミールはMatricaria属、ローマン種はChamaemelum属に分類されます。
  • ジャーマン・カモミール(Matricaria recutita)→ジャーマン種は花後に枯れる1年草です。
  • 日本に渡来したのは、江戸時代にオランダ医学の薬として入ってきました。駆虫効果があり、花壇では近くに植えた植物を元気にしてくれます。コンパニオンプランツとしておすすめです。
  • 開花した花を、そのままティにしたり乾燥させても香りが残るのが魅力でポプリなどにして利用します。カモミール・ティとして有名です。
  • ローマン・カモミール(Chamaemelum nobilis)→ジャーマン・カモミールが1年草、ローマン・カモミールは多年草です。アロマオイルとして利用されることが多く、全草に林檎の香りが有るので香りの芝生として知られています。
  • 花が咲いていない時期でも、林檎のような香りが楽しめます。葉を手で揉んでみると甘い香りが匂ってきます。
  • ダイヤーズ・カモミール(Anthemis tinctoria)→この種も「カモミール」という名前が付いていますが、ジャーマン・カモミールとは違う仲間です。
  • 繁殖力のある丈夫なハーブで、切れ込んだ葉は、しっかりしていて鮮やかな黄色の花を初夏から秋まで長期に咲かせて花壇を彩ってくれます。
  • キク科・アンテミス属 / 多年草、別名:ゴールデンマーガレット
  • 種子が出来ないとされているので、挿し芽で繁殖させます。その際には、多肥と多湿を避けましょう。

スポンサードリンク

タイトル・今日のハーブ

ジャーマン・カモミール

ローマン カモミールは多年草、ジャーマン カモミールは1年草

  • 適応
  • 過敏性腸症候群、消化促進、鎮静、不眠、風邪、ストレス、発汗作用
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • ハーブティとして飲む
  • 用土
  • 水はけが良く、保水性のある土が適しています。腐葉土3:赤玉土7の割合で混ぜ込んだ土を使用します。
  • 地植えする場合は、腐葉土と苦土石灰を、あらかじめ耕した土に混ぜ込んでおきます。
  • 肥料
  • 植え付ける時に、あらかじめ穏やかに効くタイプの肥料を混ぜ込んでおきます。ジャーマン種はこれ以上の肥料は与えません。
  • ローマン種は開花期になったら化成肥料を少量あたえます。

ジャーマン・カモミール

  • タネまき
  • タネまきの適時期は秋です。
  • タネは細かく小さいので平鉢などに蒔き、受け皿を敷いて水を張り、鉢底から水を吸わせます。
  • 葉が6枚程になったら1本ずつ鉢に植え替えます。そこで生長させて大きくなったら、更に鉢なり地植えの場所に移します。
  • 春でもタネ蒔きは可能ですが、秋蒔きにした方が暖かくなってから大株に生長します。春蒔きにすると生長の過程で夏を迎えるので、暑さで枯れてしまうことがあります。

  • 株分け
  • ローマン種のみ→数年して、老化してきたら株分けをします。適時期は4~5月・9~11月頃です。
  • 挿し芽
  • ダイヤーズ・カモミールは種が出来ないとされているので挿し芽で繁殖させます。適時期は、4~7月・9~11月です。
  • 植え替え・植え付け
  • ジャーマン種→花後に枯れてしますので、一度植えつけたら植え替えの必要はありません。
  • ローマン種→経年により株が老化して、花付きが悪くなるので、春に株分けをして植え替えます。

ジャーマン・カモミール

  • 水やり
  • 水は、土の表面が乾いたらタップリと与えましょう。水はけが良いのを好みますが、やや湿り気があった方が好きなのです、しかし乾燥しすぎると生長が悪くなるので水分の調整に注意が必要です。

手入れは何をすればいいの?

  • 手入れ
  • 間引き(2種とも)→高温多湿に弱く、風通しが悪いと蒸れて葉が枯れ上がってしまうので、混み合っている茎は間引きします。
  • 刈り込み(ローマン種)→花後は株元で、バッサリ茎を刈り込みます。同様に葉が枯れ上がってしまった場合も、思い切って刈り込んで風通しを良くしましょう。
  • 芝生替わりに利用する場合(ローマン種)→花が咲くと、少しずつ葉が硬くなってきます、芝生として利用する場合は、年に3回程度刈り込みをします。ノンフラワー・カモミールを育てると手入れが楽です。
  • 病気→特になし
  • 害虫→アブラムシ どうしても付きやすいので、少しでも見つけたら早めに駆除しましょう。発生する原因は風通しが悪くなったり、チッソ分の多い肥料を与え過ぎた場合などです。
  • 収穫
  • 花は適時摘みとって利用できます。
  • 日当たり
  • 日当たりの良い場所で育てましょう。やや暑さに弱いので、夏の直射日光を避けられる場所を選びましょう。
  • 寒さには比較的強いのですが、苗が小さい時期は、霜や凍結に注意してください。

※ ハーブの栽培手入れ⇒トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。