バラ フランクリー・スカーレット

炎の色といわれるスカーレットの花色

・フランクリー・スカーレットは早咲きで、1~5輪の房咲きになるバラ。
・花つき花もちがよく、芳香があるバラ。
・樹形がコンパクトにまとまるので鉢栽培にも適している。
・フランクリー・スカーレットの樹高はやや低めなので、花壇の前方に配するとよい。
・夏場のベーサルシュート発生時には水やりを欠かさないように要注意。
・耐暑性が強いので、暖地に適している。冷涼地では花色が黒ずむことがある。
・フランクリー・スカーレットの耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。
病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

バラ フランクリー・スカーレット

フランクリー・スカーレット バラ

フランクリー・スカーレット バラ

バラ フランクリー・スカーレット

 フランクリー・スカーレットは深緑の照り葉が鮮やか

作出国:アメリカ
作出年:2008年
作出者:Dr, Keith  W. Zary
系統:[F] フロリバンダ
交配親:Jacimpac × Miss  Behavin
咲き方:四季咲き
花形:半剣弁高芯咲き
花径:中大輪
香り:中香
樹形:直立性
樹高:150cm前後
撮影:神代植物公園 2014年5・10月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

フランクリー・スカーレットは花つき花もちがよく、芳香がある

バラ園の風景:
京成バラ園の風景

スポンサードリンク