ブラッシング ノック アウト-Blushing Knock Out は、特筆できる程の病気に強いバラです。月間1回程度の薬剤散布をしておけば更に安心です。

ブラッシング ノック アウトはノック アウトの枝変わり品種です

育てやすくて人気のある四季咲きバラ

  • 花つきがよく、丈夫で育てやすい。
  • 株が大きくならないので鉢植えにも適しているバラ。
  • 春から晩秋まで次々と花を咲かせて楽しませてくれるバラ。
  • 花名のノック・アウトは、耐病性に優れていることから名付けられました。
  • 数多くの花が、絶え間なく咲き続けます。次々と上がってくるツボミのためにも、花後の花ガラ摘みをまめにします。
  • ノック・アウトの枝変わり品種、他には「ピンク・ノック・アウト」、「レインボー・ノック・アウト」があります。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病にはとても強い。月間1回程度の薬剤散布をしておけばより順調な生育が期待できます。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ブラッシング ノック アウトは四季咲き性です

ブラッシング ノック アウトの樹形は半横張り性

ブラッシング ノック アウトは丸弁平咲きの花形です

ブラッシング ノック アウトは淡い桃色の花色

ブラッシング ノック アウトの樹高は100cmです

花色のピンクは少々色合いが移り気です

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2001年に、John M. Bell が発見
  • 作出者:2004年に、Star Roses が発表
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:ノック アウトの枝変わり
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数4~11枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:京成バラ園・谷津バラ園 2014年6月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

春の花後から秋まで繰り返し咲き続ける

バラ園の風景:春の京成バラ園

京成バラ園の風景

  • 園芸作業→薬剤散布
  • バラは病気や害虫の被害が発生しやすい植物です。大切なのは、丈夫で健康に育てることで、病害の被害にあいにくい株に育てることです。
  • それでも、うどんこ病や黒星病、アブラムシはすぐに発生するので、4月から10月の生長期間中は、月間2~4回以上の薬剤散布は欠かせません。
  • さらにハダニ対策も必要です。栽培する本数が少なければスプレー缶で、多数を栽培する場合は、農薬散布用の噴霧器が効率よく便利です。
  • 秋になると病害虫が復活→9月になると朝夕の気温が下がり、涼しくなります。今まで潜伏していた病害虫も活動的になってきます。夏は乾燥しているので、発生の少なかった黒星病、うどんこ病も一雨ごとに増加してきます。土中のコガネムシの幼虫や、バラの幹中に潜伏していたカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)も株に致命的な被害を与えかねません。
  • 葉が病害虫で落葉したり傷つくと、蕾の生長にも影響を及ぼすので、早急に対処しましょう。
  • 9月に発生する病害虫→黒星病、うどんこ病、アブラムシ、コガネムシ(成虫)、ヨトウムシ、イラガ、カミキリムシの幼虫(テッポウムシ)、チュウレンジハバチ