ブラッシング アイスバーグ-Blushiing Iceberg は、若株の時期はベーサル・シュートが発生するが古株になると、発生しなくなる。古株になっても長く花を咲かせ続けるバラです。

ブラッシング・アイスバーグは四季咲き性です

白地に淡いピンク色がカスリ状に入る

  • 数輪から大房になって咲き、花つきがよいバラ。
  • 花首が細く、ややうつむき気味に咲きます。
  • 枝は細くしなやかで広がるように伸びる。
  • トゲが少なく、強健で日陰でも丈夫に育つ。葉は照り葉で明るい緑色。
  • 秋咲きは特に花つきが良く、長く楽しめる。高温期になると少しピンクがかります。
  • アイスバーグの枝変わりで、他にも「つるアイスバーグ」、「ピンク・アイスバーグ」、「ブリリアント・ピンク・アイスバーグ」、「バーガンディ・アイスバーグ」などがあります。
  • 耐病性は、うどんこ病・黒星病ともに普通。月間3~4回の薬剤散布は必要です。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ブラッシング アイスバーグはフロリバンダ系統です

ブラッシング アイスバーグの花色は白地に淡いピンク色を帯びます

ブラッシング アイスバーグの花形は丸弁平咲きです

ブラッシング アイスバーグはアイスバーグの枝変わり品種です

ブラッシング アイスバーグはベーサル・シュートの発生が少ない品種です

ブラッシング アイスバーグの樹高は約120cmです

アイスバーグと同じ性質で中程度の樹形でバランスがよい

  • 作出国:日本
  • 作出年:2012年
  • 作出者:秋葉伸之・河合伸志 氏
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2014年11月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アイスバーグの枝変わり品種

バラ園の風景:

バラ園の風景

  • 園芸作業→水やり
  • 品種に関わらず全てのバラに共通しています。
  • 地植えの場合は、真夏日や乾燥が続くような特別な場合以外はまず必要ありません。
  • 鉢植えの場合は、表土が乾いたらタップリと水を施します。
  • 例年9月中旬くらいまでは、残暑が厳しい日もあるので8月と同様の水やりが必要です。水不足になると芽の伸びが緩慢になるので、水を切らさないようにしましょう。
  • 夏の水やり→朝夕の涼しい時間帯に冷たい水を与えます。たまにハダニの除去のために葉水を与えましょう。
  • 冬の水やり→晴れた日の午前中(10時~12時)、気温が上がり始めてから与えます。夕方の水やりはしません。井戸水や水道水は、自然の温度のままで与えるのは避けましょう。お湯を加えるなどして、15~23℃に調整してから与えましょう。