バラ ピース ハイブリッド・ティ系統

20世紀を代表する名花といわれるバラ

・ピースはクリームイエローに桃色の覆輪が入る巨大輪のバラです。
・ピースの名前は、第二次大戦後に平和への願いをこめて名づけられた、20世紀を代表する名花。
・性質が強く、バラの改良の歴史上きわめて重要な転機となる品種になりました。
・国際コンクールで数々の賞を受賞、1976年世界ばら会連合会選出の初めての栄誉の殿堂入りをしたバラ。
・枝変わりに「つるピース」、「シカゴ・ピース」、「クローネンブルク」などがあります。
・耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通の性質。定期的薬剤散布をしましょう。
病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

ピース バラ

バラ ピーズ ハイブリッド・ティ系統

バラ ピース ハイブリッド・ティ系統

バラ ピース ハイブリッド・ティ系統

バラ ピース ハイブリッド・ティ系統

バラ ピース ハイブリッド・ティ系統

バラ ピース ハイブリッド・ティ系統

バラ ピース ハイブリッド・ティ系統

バラ ピース

バラ ピース

ピースを交配親として多数の名花が誕生

作出国:フランス
作出年:1945年
作出者:Meilland,F.,
系統:[HT] ハイブリッド・ティ
交配親:{(George Dickson × Souv, de Claudus Pernet) × (Joanna Hill× Charles P. Kilham)} × Margaret McGredy
咲き方:四季咲き
花形:半剣弁高芯咲き
花径:巨大輪
香り:微香
樹形:横張り性
樹高:150cm
撮影:京成バラ園・2014年10月 相模原北公園・2015年5月 生田緑地ばら苑・2015年5月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ピースは黄色にうすいピンク色の覆輪が入る

バラ園の風景:
バラ園の風景

スポンサードリンク