パレード バラ

曇りのない濃ローズ色のカップ咲き

・ボリュームのあるカップ咲きの中輪花で、青リンゴのような芳香があるバラ。
・パレードは、数輪の房咲きで、花もちのよいバラ。
・枝の太さは中程度で、誘引がしやすく扱いやすいバラ。
・パレードは、冬期に短く切り戻しても開花します。
・アーチ、パーゴラ等の大きな仕立てにも適する。開花は、前年枝の先端からが中心なので、株全体に咲かせるには段差をつけた剪定、誘引をしましょう。
・パレードの耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には強い。
うどんこ病の対策:うどんこ病対策には、月間3~4回以上の定期的な薬剤散布が必要です。その他の、うどんこ病に対する注意点は、気温15~25℃になると発生しやすくなる。比較的気温が冷涼で、雨が少なく乾燥した状態や、チッ素肥料のやりすぎで枝葉が茂りすぎたり、密植して日当たりや風通しが悪い環境でも発症しやすくなります。
病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

パレード バラ

バラ パレード

バラ パレード

バラ パレード

パレードの枝は太く長く伸長する

作出国:アメリカ
作出年:1953年
作出者:Boerner
系統:[LCl] 大輪咲きクライミング・ローズ
交配親:New Dawnの実生 × World’s  Fair, Cl
咲き方:四季咲き
花形:ロゼット咲き
花径:大輪
香り:微香
樹形:つる性
伸長:250cm
撮影:神代植物公園 2014年10月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

強健で病気にも強く育てやすいつるバラ

バラ園の風景:
京成バラ園の風景

◇パレードの園芸作業:
⇒つるバラの剪定:
・切った個所から枝が伸びて、その枝に花をつけるので全ての枝を切り戻して、花を多く咲かせるようにします。
⇒枝全体のバランスを確認しながら、新芽の上で切り戻す。
⇒まだ赤味のある未熟な枝は、堅くてしっかりした枝の部位まで切り戻す。
⇒込み入った枝や、徒長枝、交差枝、枯れた枝などは取り除きます。

・誘引⇒つるバラは12月中旬から1月が誘引の時期です。古枝や細枝、不要な枝を切り取り、残る枝の先を約20cm切って、なるべく水平に誘引します。

スポンサードリンク