ハニー・ブーケ バラ

淡い杏色で周囲の植物と調和します

・卵形の芽を出して、開花すると26~40弁の花弁をもつ大輪を咲かせるバラ。
・ハニー・ブーケは花つきがよく、扇状に花をつけます。
・フロリバンダ種にしては、大きめの花を咲かせるバラ。
・パステル系の花色はどんな風景の中にも、自然にとけこみます。
・ハニー・ブーケの耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の薬剤散布をすれば病害の発生はすくない。
病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

ハニー・ブーケ バラ

バラ ハニー・ブーケ

ハニー・ブーケ

バラ ハニー・ブーケ

バラ ハニー・ブーケ

バラ ハニー・ブーケ

ハニー・ブーケ バラ

ハニー・ブーケは濃緑色で半光沢の健康な葉をもつ

作出国:アメリカ
作出年:2000年
作出者:Dr, Keith  W. Zary
系統:[F] フロリバンダ
交配親:
咲き方:四季咲き
花形:丸弁咲き
花径:大輪
香り:中香
樹形:半直立性
樹高:120cm
撮影:谷津バラ園・2014年10月、2015年5月 京成バラ園・2016年5月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

絶妙なパステル系の色合いで杏色にちかいバラ

バラ園の風景:
バラ園の風景

◇ハニー・ブーケの園芸作業:
⇒肥料を施す:
・腐葉土や牛糞などの堆肥は基本用土として、そして植物を生長させるために必要なチッ素・リン酸・カリとマグネシウムなどが肥料です。
芽が萌えだしたら施すのが、追肥と呼びます。
一番花が咲いた後に施すのがお礼肥、これには速効性の化成肥料を施します。(1株当たり50gが目安)頻度は化成肥料なら月1回、液体肥料なら月2回が目安です。
有機肥料を寒肥として冬に施しますが、これらは分解が遅く冬を越した芽出しの頃に効かせるために12月下旬頃までに施しておきます。

スポンサードリンク