ニュー ドーン-New Dawn は、初期の生育は遅いが、少しずつ樹勢が増して強健になり株を茂らせる。

ニュー・ドーンは大輪咲きクライミング・ローズ系統 

ニュードーンは淡い桃色の整形花

  • 数輪の房咲きで、花つきがとてもよいつるバラ。
  • ニュードーンは遅咲きの品種で、花もちはやや悪い。
  • 結実しやすいので、花がらを小まめに切りとります。
  • 春の開花後も、適時返り咲くが花数はすくないバラ。
  • 発生するシュートは、柔軟性があり伸長力もある。誘引は易しいが、枝が太くなるまで放置してからの仕立ては、大きなトゲがあり困難になる。
  • 枝変わりに「ホワイト・ニュー・ドーン」と「アウェイクニング」があります。いずれも、ニュー・ドーンとほぼ同じ性質。
  • 数少ない「栄誉の殿堂入りのバラ」に選定された良質のバラです。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には非常に強い。黒星病に対しての薬剤散布は病害の兆候が現れなければ不要です。

スポンサードリンク

バラのタイトル 今月のバラ

ニュー  ドーンは大輪咲きつるバラ系統

ニュー  ドーンは大輪咲き

ニュー  ドーンは丸弁咲き

つるバラの品種改良に貢献したバラ

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1930年
  • 作出者:Sumerset Rose Nursery(サマセットローズ植物園)で発見
  • 系統:[LCl] ラージ・フラワード・クライマー
  • 交配親:Dr. W. Van. Fleet の枝変わり
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(8cm・26~40枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:300cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

少しの日陰でも力強く生長するバラ

バラ園の風景:旧古河庭園のバラ

旧古河庭園の風景