テス オブ ザ ダーバーヴィルズ-Tess of the D’Urbervilles は、イギリスの種苗家デビッド・オースチンが1998年に発表した、シュラブ・ローズの半つる性バラ。

テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズはシュラブ系統の品種

鮮やかな濃ローズ色のバラ

  • 開花した初期はカップ咲きで、やがてロゼット咲きへと変わる。
  • 花名は「ダーバーヴィル家のテス」、イギリスの小説家トーマス・ハーディが書いた作品の主人公にちなんで命名された。
  • しなやかに伸びた枝先に花をつけて、うつむき気味に咲きます。
  • 強健でシュートの発生が活発、枝には大小のトゲが多く伸長力が旺盛。
  • 悪環境でも丈夫に育つ強健種で、半日陰で日照不足でもよく育つ。
  • つるバラのように誘引して、フェンスや壁面に利用することもできる。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種でも月間1回程度の薬剤散布をすることで、より順調な生育が期待できる。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズは半つる性の樹形

テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズはクリムゾンレッドの魅力的な花色

テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズはイングリッシュローズです

バラ テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズの枝は250cm程に伸長する

葉は濃い緑色の照り葉が美しい

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1997年に、David CH Austin が作出
  • 作出者:1998年に、David Austin Roses Limitedが発表
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:The Squire × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き~ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:半つる性
  • 伸長:250cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

枝が細く俯くように枝垂れて咲くバラ

バラ園の風景:春の緑地ばら苑

京成バラ園の風景