ソレロ-Solero は、爽やかなレモンイエロー色のロゼット咲きです。遅咲きの品種で、爽やかなフルーツ香がある。

ソレロ 薔薇

鮮やかなレモンイエローのロゼット咲き

  • 数輪~5輪の房咲きになり、花つきがよいバラ。
  • 冬に大苗を植えると、秋には成株になる生長の早いバラ。
  • 枝が細くしなやかなので、満開になるとしな垂れて咲きます。
  • 新しいシュートが出にくいので更新が難しい、古枝を大切に扱います。
  • 強いベーサル・シュートが出ないので、樹形がドーム状になるバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をすることで、より順調な生育が期待できる。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

  • 薬剤散布といえば、殺菌剤を使用するわけですが、これには予防剤と治療剤の2種類があります。
  • 病気の予防を目的に使用するのが予防剤、植物が病気に罹ったら使用するのが治療剤です。
  • 治療剤の場合は、日常から使用しても予防効果は殆んどありません。一般的に薬剤散布をするというのは、2種類の薬液を規定の量で希釈して、一度に散布します。

スポンサードリンク

今日のバラ

ソレロはフロリバンダ系統のバラ

満開前の状態ですが明るいレモンイエローの花色です

ソレロはレモンイエローカラーのロゼット咲き

葉は濃緑色の照り葉、黄色い花との対比が美しい

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2000年に、W. Kordes & Son が作出
  • 作出者:2009年に、W. Kordes ‘Söhne (Retail) が発表
  • 系統:[F(S)] フロリバンダ(シュラブ)
  • 交配親:Gelber Engel × (Immensee の実生 ×  Bernstein Rose)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数・40~45枚)
  • 香り:中香(フルーツ香)
  • 樹形:シュラブ
  • 樹高:100cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2014年10月

ソレロは花弁質がしっかりした強健種で育てやすいバラ

バラ園の風景:春の生田緑地ばら苑

生田緑地ばら苑の風景