ザ シェパーデス-The Shepherdess は、深めのカップ咲きで3~5輪の房咲きになり、花つきがよい品種です。トゲが少なく扱いやすい。

ザ・シェパーデスはシュラブ系統です

アプリコット色の生地にサーモン色や黄色がのる

スポンサードリンク
  • 深いカップ咲きで3~5輪の房咲きになるバラ。
  • アプリコット色の花色は気温により変化します。
  • フルーツ香(レモン系)を持っているバラ。
  • シュートは垂直に伸びて、樹形はよくまとまる。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病には普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

ザ・シェパーデスの花形はカップ咲き

ザ・シェパーデスの花径は7cm程の中輪サイズです

ザ・シェパーデスは強いフルーツ香がある

ザ・ジェパーデスは四季咲き性

ザ・ジェパーデスの花弁数は41枚以上になります

ザ・ジェパーデスの樹形は半直立性

やや寒さに弱く寒冷地では生育が緩慢

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2007年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香(フルーツ香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年6月

つるバラとしてアーチ仕立てにすると映えます

バラ園の風景:春の谷津バラ園

春の谷津バラ園の風景

スポンサードリンク