ジーン ブーナー-Gene Boerner は、少し濃いめのピンク色で整った剣弁高芯咲きの花形になるのは、フロリバンダ系統のバラとしては、希少ともいえます。作出された1960年代は、非常に珍しい存在でした。現代は品種改良も進歩して他にも同様のバラが作出されています。

ジーン・ブーナーはフロリバンダ系統

濃いピンク色で剣弁高芯咲きのバラ

スポンサードリンク
  • 1~数輪の房咲きになり、花つき花もちがよいバラ。
  • ジーン ブーナーのように整形花を咲かせるのは、フロリバンダの中では珍しい存在です。
  • フロリバンダ種の父といわれた育種家バーナー氏晩年の傑作品種といわれ、花名にバーナー氏の名前が冠されている。
  • 花つきがよく、花枝が長いので切り花用に適しているバラ。
  • トゲが少ないので扱いやすいバラです。春から晩秋までシーズンを通して咲き続けるバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病に対して普通。月間3回以上の定期的な薬剤散布をすれば、病害の発生は少ない。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

ジーン・ブーナーは四季咲き性

ジーン・ブーナーの花径は中輪サイズ

ジーン・ブーナーの樹高は120cm程

ジーン・ブーナーは見事な剣弁高芯咲き

ジーン・ブーナーの樹形は半直立性です

直立性の樹形でコンパクトにまとまる

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1968年
  • 作出者:Eugene S. “Gene” Boerner
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Ginger × (Ma Perkins × Garnette Supreme)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数30~35枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年10月

フロリバンダ系の父といわれた育種家ブーナ氏の傑作品種

バラ園の風景:春の谷津バラ園

春の谷津バラ園の風景

スポンサードリンク