サリー ホームズ-Sally Holmes は、世界ばら会連合”栄誉の殿堂入り”を果たしたバラです。つるバラとして育てる場合は、広いスペースが必要なので、アーチやオベリスクではなく、壁面などの広がりがある場所で、伸ばして育てるのがよいでしょう。

サリー・ホームズはハイブリッド・ムスク系統です

白花が淡い桃色になり冷涼期になるとピンク色に

スポンサードリンク
  • ボール状の大房になり花数も多く咲くバラ。
  • 花弁が強く、雨などで傷みにくいので、長い間花を楽しめます。
  • 枝の太さは中程度、やや堅くて分枝が粗くなります。
  • 生育が旺盛でシュートの発生も活発です。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には強い。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

  • 園芸メモ:オーガニック栽培→できるだけ農薬などの化学薬品を使わずにバラを育てる手法として、コンパニオンプランツの活用があります。
  • バラの周辺に、害虫の忌避効果や病気に対して抗菌作用のあるものを植えることにより発生や蔓延を抑えようという方法です。可能な限り取り入れてみるのもよいでしょう。

サリー・ホームズは返り咲き性

サリー・ホームズは花径が7cm程の中輪花

サリー・ホームズこ香りは微香

サリー・ホームズの枝は350cm以上伸びます

サリー・ホームズの花形は丸弁平咲き

サリー・ホームズの樹形はシュラブ樹形の横張りタイプ

とても強健でシュートの発生も活発で育てやすい

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1976年
  • 作出者:Robert A. Holmes
  • 系統:[HMsk] ハイブリッド・ムスク (シュラブ系)
  • 交配親:Ivory Fashion × Ballerina (hybrid musk, Bentall, 1937)
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:一重~半八重咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:シュラブ樹形(横張りタイプ)
  • 樹高:350cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年6月、2015年5月

返り咲き性が強く春から秋まで花をつける

バラ園の風景:春の谷津バラ園

春の谷津バラ園の風景

スポンサードリンク