コティヨン-Cotillion は、フロリバンダ系統の品種としては香りが強めです。シュートの発生も活発で、樹勢もあり育てやすい品種です。

コティヨンは四季咲き性です

ライラック色で丸弁抱え咲きになる

スポンサードリンク
  • 枝は細いが分岐が多く、半直立性のまとまりのよい樹形になる。
  • 房咲きになり1~5輪の花をつける。
  • 花つきがよく、開花ペースが速い。
  • 交配親のShocking Blue の影響なのか、ブルー系としては赤紫色が強め。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。基本的には薬剤散布の必要な品種なので、春から秋の生育期には月間3~4回以上の薬剤散布をしましょう。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

コティヨンは花径7cmほどの中輪花です

コティヨンは強めのフルーツ香がある

コティヨンは樹高が120cm程です

コティヨンの樹形は半直立性です

コティヨンはフロリバンダ系統

コティヨンは丸弁抱え咲きです

香りも充分楽しめて花つきもよい

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1999年
  • 作出者:Dr. Keith W. Zary
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:(Sweet Chariot × Herbie) × Shocking Blue
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁抱え咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香(甘い柑橘系の芳香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:京成バラ園・2014年5月 生田緑地ばら苑・2014年10月・2015年5月

株が充実するほど花弁数も多くなる

バラ園の風景:神代植物公園

バラ園の風景

スポンサードリンク