ゴールド リーフ-Gold Leaf は、フロリバンダ系統としては、大型の花をつけ丈夫で育てやすい品種です。

ゴールド・リーフはフロリバンダ系統です

鮮やかなレモンイエローのバラ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよいバラ。
  • 弁質が優れ、開花しても褪色がすくない。
  • 株が充実してくれば四季咲き性が強い性質なので、次々と花を咲かせます。
  • 花枝が長く、切り花用として利用されているバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月に3~5回の薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

ゴールド・リーフは黄色系のバラです

ゴールド・リーフの花径は12cm程

ゴールド・リーフは剣弁高芯咲き

ゴールド・リーフの樹高は約140cm

ゴールド・リーフは四季咲き性です

ゴールド・リーフはコンパクトな樹形にまとまる

花枝が長く切り花に適したバラ

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1998年
  • 作出者:Rosen-Tantau
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(12cm・花弁数13~16枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年6月

花びらが開ききっても褪色が少ないバラ

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

  • 園芸メモ:フロリバンダ系統→ 
  • モダンローズ(現代バラ)の主な系統の一つ。”F”または”FL”と略記される。花が房咲きになる性質のバラです。(一枝に一花ではなく、複数の花を付ける)そのため、”花を束ねる”という意味の、フロリバンダの呼び名が付いた。
  • 四季咲きのHT〔ハイブリッドティー種)と、ポリアンサなどを交配させてできた系統です。花は四季咲きで、ほとんどが中輪だが中にはハイブリッドティーのような大輪が咲く品種も作出されています。
  • 花形は一重~半八重が多いが、一見してHT種に見える品種もあります。強健で育てやすい品種が多く、香りの強い品種は少ない。横方向に伸びる傾向が強い。
スポンサードリンク