ゴールドクローネ-Goldkrone は、名花ピースを交配親に持つ剣弁高芯咲きの大輪花です。ファミリーの特徴でもある、大きな葉に光沢のある照り葉です。

ゴールドクローネはハイブリッドティー系統

淡い黄色で弁端に薄いピンクのぼかしが入る

スポンサードリンク
  • 黄色とピンクとのグラデーションが絶妙のバランスのバラ。
  • 名花ピースのファミリー品種ですが、なぜか栽培株数は少ないそうです。
  • 濃緑色の照り葉で大きめのサイズです。
  • 枝は赤味を帯びて、花茎は長くなるバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の薬剤定期散布は必要です。
  • うどんこ病が発生しやすい環境条件→
  • 5~6月、9~10月頃
  • 気温が18~25度
  • 空気が乾燥している
  • 窒素分の多い肥料を与えている
  • 株間や葉が密集して風通しの悪い場所(枝が密集して太陽光が当たらない、ベランダなど空気が対流しない場所

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページの「バラの園芸・作業」をクリックしたください。

ゴールドクローネは四季咲き性です

ゴールドクローネの花径は11cm以上の大輪です

ゴールドクローネの香りは微香程度です

ゴールドクローネの樹形は半直立性

ゴールドクローネの樹高は120cm位です

半直立性で枝には赤味が入る

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1960年
  • 作出者:Reimer Kordes
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Peace × Golden Scepter
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数26~35枚)
  • 香り:微香(ティー系)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年6月、2015年5月

名花ピースのファミリーで大きな照り葉が目立つ

バラ園の風景:春の京成バラ園

春の京成バラ園の風景

  • 園芸メモ:フロリバンダ種の手入れ→
  • 夏剪定→秋によい花を咲かせるために欠かせない作業です
  • 四季咲きの品種は、剪定をしなくても開花します。それでも剪定するのは、なぜでしょうか?
  • 9月の上旬に剪定をすると、10月に大きく美しい色の花が咲きます。9月に入ると朝夕とも涼しくなって、日照時間も短くなってくると、早咲き品種でも開花には40日程を要するようになります。ということは、実際に開花するのは10月の10日前後くらいになります。
  • 8月に剪定をしないで、9月上旬まで剪定を遅らせることで生育期間を長くして、葉、花枝、花を大きくしてくれます。
  • ハイブリッドティ系統の夏の手入れは、三番花が咲いた場合でも二番花の花枝を切ります。

夏の剪定 ハイブリッドティ系

  • 夏剪定は、四季咲きの系統のみです。(ミニチュア、フロリバンダ、ハイブリッドティ、オールドローズのチャイナ系など)
  • ポイントは、伸びている枝のホボ全てを切り取ります。そうすることにより秋に花が一斉に咲いてくれるのです。夏花と比べると花色も鮮やかで美しいバラが咲いて、格段の違いがあります。
  • そのなかでも開花に時間を要する品種は、早めに剪定をしましょう。作業は集中して2~3日で完了させましょう。
  • 一季咲き品種は、枝咲きを整える程度にしておきます。
スポンサードリンク