ジプシー ボーイ-Gipsy Boy は、ジプシー・ボーイの系統は、ブルボンローズですが樹形全体のイメージはランブラーローズに近い印象です。つる状に伸びる丈夫な品種ですが開花は春のみの一季咲きです。

ジプシー・ボーイはブルボン系統です

野性の強さがある品種なので元気に育つ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、非常に花つきがよい。
  • 木立ち性として育てる場合は、冬剪定で樹高の1/3~1/2を切り詰める。(100cm以下のものは剪定しない)
  • つるバラとして、フェンスやトレリスなどに誘引した方がより花つきがよく美しい。
  • ブルボンローズ系にしては珍しくトゲが多いバラ。
  • 秋になるとオレンジ色の実をつけて楽しませてくれる。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに弱い。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。
  • うどんこ病の防除→うどんこ病は、生きた植物にしか寄生しません。植物にカビの菌が住みついて葉っぱが白くなる病気です。
  • 5~6月、9~10月頃に発生しやすく、ほとんどの植物が発症する可能性があります。
  • カビが付着して白くなった部分は光合成を上手く行えないので、放置しておくと葉が枯れ、繁殖した菌が他の植物へ移り被害が悪化します。
  • 早期の発見と対応ができれば、花弁への影響や葉を切り取るなどの処置を避けることができます。
  • 葉に白い斑点を発見したときは、1週間位の間隔で酢(酸性)や重曹(アルカリ性)を薄めた液を散布しましょう。初期段階では、酸性・アルカリ性にするだけで効果があります。ただし、症状が重くなり繁殖が止まらなくなると、うどんこ病になった葉を摘み取り、二次災害を防ぐために強い薬剤を散布する必要があります。
  • 黒星病の防除→バラの黒星病の病原は、糸状菌というカビです。菌は水滴によって葉に付着して内部に入り込み、発病します。
  • 一度発病すると、病葉の菌は落ちた葉にも存在してそのまま越冬するため、翌年もそこから菌が飛散して伝染します。
  • 雨などの水滴と20度前後の気温で発生しやすく、梅雨時や秋の長雨など長時間葉に水分が付着した状態のときに発生しやすくなります。

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

ジプシー・ボーイは丸弁平咲きになる

ジプシー・ボーイの花径は7cmほどの中輪花

ジプシー・ボーイはつる性の横張りタイプ

ジプシー・ボーイは一季咲きです

葉は濃緑色で分厚く鋸歯が目立つ

  • 品種名:ジプシー ボーイ Gipsy Boy
  • 別名:Zigeunerknabe
  • 作出国:ハンガリー
  • 作出年:1909年
  • 作出者:Rudolf Geschwind
  • 系統:[B] ブルボン
  • 交配親:Russelliana の実生
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:つる性(横張りタイプ)
  • 樹高:140cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2016年5月

赤紫色の花弁と黄色の雄しべとの対比が美しい

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

スポンサードリンク