クンバヤ Cumbaya はシュラブ系統ですが、冬剪定で切り詰めても開花するので、横張り性のブッシュ・ローズとして扱うことが多い。

クンバヤはシュラブ系統のバラ

花つきがよく次々と開花する

スポンサードリンク
  • 10輪前後の大きな房咲きになる。
  • 花つきはよいが、花もちはあまりよくない。
  • シーズンを通して絶え間なく咲き、夏は剣弁になる。
  • 鉢植えにすると、フンワリと枝が広がり可愛らしい鉢になる。
  • 樹形は強い横張り性で、活発にに分枝をするバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに非常に強い。病気に強い品種でも月間1回程度の薬剤散布をしておくと、より順調な生育が期待できる。

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

クンバヤは小輪サイズです

クンバヤの樹形は横張り性です

クンバヤは一重平咲きです

クンバヤは四季咲きです

クンバヤの樹高は70cm

初めてバラを育てる方にお奨めの品種

  • 品種名:クンバヤ Cumbaya
  • 作出国:フランス
  • 作出年:2000年
  • 作出者:Meilland International
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:(EMIbeluxen × Sommerwind) × INTersmart
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:一重平咲き
  • 花径:小輪(4cm・花弁数9~16枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:80cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2015年5月

満開になると葉が見えなくなるほど多くの花をつける

バラ園の風景:春の京成バラ園

春の京成バラ園の風景

園芸メモ・栽培用語:5弁花(ごべんか)⇒花びらが5枚ついている花のこと。

スポンサードリンク