クィーン マザー-Queen Mother は、とても可愛らしい花形とコンパクトな樹形で、鉢植えやコンテナ栽培で育ててみたい品種ですね。

クィーン・マザーはフロリバンダ系統

淡い桃色の可愛らしい半八重平咲き

スポンサードリンク
  • 花つきが非常によく、数輪の房咲きになる。
  • 枝は分枝が多く発生して、強く横に伸びて、ややシュラブ樹形のようになります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに非常に強い。病害が発生することは非常に稀だが、月間1回程度の薬剤散布はしておきたいものです。
  • 一般的に、秋も開花する四季咲きのバラは、8月に弱い剪定をします。(つるバラは除く)
  • 秋の花に備えるには、8月の中旬~下旬から9月10日頃迄に剪定しないと開花しない。
  • 基本的に秋も開花する四季咲き性のバラは、夏の時期に弱い剪定をします。(注:つるバラは剪定しません)
  • ハイブリッドティー系、フロリバンダ系は、一般的に8月下旬から9月10日頃までに剪定を行います。
  • 四季咲きの半つる性、木立ち性のイングリッシュローズ、オールドローズ、ポリアンサローズなども同様に剪定を行い、秋の開花の準備をします。

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

クィーン・マザーは半八重平咲き

クィーン・マザーの花径は4cm程の小輪サイズ

クィーン・マザーは四季咲き性が強い

クィーン・マザーは樹高80cm程のまとまりがよい樹形

葉は明緑色でよく茂る

  • 品種名:クィーン マザー Queen Mother
  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1991年
  • 作出者:W. Kordes & Sons
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Rosa wichuraiana Crép. synonym の実生 × Toynbee Hall
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半八重平咲き
  • 花径:小中輪(5cm・花弁数9~16枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2015年5月

シーズンを通して晩秋まで咲き続ける

バラ園の風景:春の京成バラ園

京成バラ園の風景

スポンサードリンク