アキト Akito は、ドイツのタンタウ社が作出した白色のバラです。ドイツ語にAkitoという言葉はないようですから・・?少し日本的な響きのある名前ですよね。アメリカのバラ専門サイトを検索してみると、登録名・TANIto、展覧会名・明人という解説がありました。明人は、やはり日本人の方に因んでいるのでしょうかね。

アキトは四季咲きです

白色に少しピンクがかかる時がある

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きで、花首がしっかりしているバラ。
  • フロリバンダなので、大きい花ではないが中輪で落ち着いた雰囲気のバラ。
  • 樹高は約60cmで、コンパクトで纏まった花姿になります。
  • 葉は照り葉で長楕円型。
  • 樹勢は強いが半横張り性で樹高はあまり高くならないバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病と黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は、健全な生育のために必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

アキトの花径は9cmの中大輪サイズ

アキトは丸弁高芯咲き

アキトの樹高は60cm程

アキトの樹形は半直立性

花弁は厚みがあり良質で雨に強い品種

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1974年
  • 作出者:Mathias Tantau, Jr.
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Zorina × Nordia
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁高芯咲き~盃状咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数17~30枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:60cm
  • 撮影:谷津バラ園・2014年10月、生田緑地ばら苑・2015年5月

花立ちはあまり多くはないが花もちがよく長く咲き続ける

バラ園の風景:横浜のバラ園にて

横浜イングリッシュガーデンの風景

園芸メモ・バラ栽培用語:株立ち⇒シュートの発生する頻度。(シュート→株元から勢いよく出る、太く長い枝のこと)

スポンサードリンク