ダブリン ベイ-Dublin Bay は、緋赤色のラージ・フラワード・クライマー系統で伸長は300cmを越えるほどです。寒冷な気候になるほど、赤色が鮮明になります。

ダブリン・ベイはつる性です

弁質がよく雨による傷みや褪色が少ない

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • シュートは太くて堅いので、複雑な誘引は困難です。
  • 国内ではつるバラとして扱われるが、本来はシュラブローズなので、強く切り戻しても花をつけるバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は必要。

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

ダブリン・ベイの花形は半八重咲き

ダブリン・ベイは花径10cmの大輪花

ダブリン・ベイは四季咲き性

ダブリン・ベイの樹高は300cm以上に伸長する

黒味のほとんどない真赤なバラ

  • 作出国:ニュージーランド
  • 作出年:1969年 (1976年に発表・登録)
  • 作出者:Samuel Darragh McGredy Ⅳ
  • 系統:[LCl] ラージ・フラワード・クライマー
  • 交配親:Bantry Bay × Altissimo
  • 咲き方:四季~返り咲き
  • 花形:半八重で丸弁抱え咲き~平咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:300cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年5月

緋赤色だが関東以西の平野では桃色が強くなる

バラ園の風景:春の生田緑地ばら苑

生田緑地ばら苑の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:鉤状のトゲ⇒先端が下向きになり、フックのようにひっかかり易い形状のトゲ。

スポンサードリンク