• バターカップ-Buttercup などの、イングリッシュ・ローズは四季咲き性が強く、秋のシーズンまで長く楽しめます。
  • 名前の通りバター色ですね・・やはり花色から連想した名前を付けたのでしょうね。繊細な枝にぶら下がるように花弁をつけて咲く様は可愛らしく、愛嬌のあるバラです。

バターカップはシュラブ系統

半八重のゆるいカップ咲きから平咲きになる

スポンサードリンク
  • 5~7輪の房咲きになり、花つきがよいバラ。
  • 枝にはトゲが少なく、しなやかで花が咲くと重さで枝垂れる。
  • 花壇では、オベリスクやポールで支えるとよい。
  • シュートの発生が活発で、真っすぐに伸びて大きな株立ちになるバラ。
  • コンパクトなタイプのイングリッシュローズの冬剪定は、樹高1/2を目安に切り取ります。(一番花を咲かせた新芽は2~3残すとよい)
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともにとても強い。安心のために、月1回程度薬剤散布をすれば、より順調な生育が期待できます。

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

バターカップはイングリッシュローズです

バターカップの花径は7cmの中輪

バターカップは四季咲き性です

バターカップは黄色いバラです

バターカップは透き通るような黄色のバラ

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1998年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュ・ローズ)
  • 交配親:Graham Thomas × 未発表
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半八重のカップ咲きから平咲きになる
  • 花径:中輪(7cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:強香(ティ香とフルーツ香のミックス)
  • 樹形:直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年5月

繰り返し咲き、強い切り戻しにも耐えるバラ

バラ園の風景:春の旧古河庭園

春の旧古河庭園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:形成層⇒樹皮と木質部との間にある分裂組織で、接ぎ木をする際に、台木と穂木の形成を合わせないと活着しない。

スポンサードリンク