ヤマブキ japanese rose は、北海道から九州までの丘陵地などに生えている落葉の低木です。庭や公園などで栽培されているものを含めれば、全国の至る場所で見られます。バラ科のヤマブキ属はヤマブキ1種のみで構成されています。(園芸品種は数種あります)

ヤマブキは落葉低木です

山地の斜面や谷川沿いに自生する低木

スポンサードリンク
  • 分類:バラ科ヤマブキ属 / 原産地:日本、中国
  • 別名:カガミグサ、オモカゲグサ
  • 学名:Kerria japonica
  • 英名:Jananese rose
  • 園芸分類:落葉低木
  • 草丈:180cm
  • 開花期:4月~5月 / 栽培方法:地植え、鉢植え
  • 近縁種
  • ヤエヤマブキ(’Plentiflora’)→庭園や庭木として広く使われている品種です。雌しべが退化して、雄しべは花びらに変わっているので、普通は結実しません。
  • シロバナヤマブキ(’Albescens’)→淡いクリーム色の花を咲かせる。
  • キクザキヤマブキ(’Stellata’)→花びら細長い。
  • フイリヤマブキ(’Variegata’)→美しい葉をもつが生命力が弱い。
  • 似ているが別属→シロヤマブキ(’Rhodotypos scandens’):ヤマブキに似た純白花を咲かせますが、ヤマブキとは異なるシロヤマブキ属の低木です。
  • 特徴
  • 葉のわきから軸を伸ばし、先端に1輪の花を咲かせます。花の直径は3cm~5cm、花びらは一重で鮮やかな山吹色の花を咲かせます。枝が細くて風に吹かれると、揺れやすい様から”山振り”と呼ばれ、転じて”山吹”となったといわれます。
  • シロヤマブキと混同されることがあるが、ヤマブキとシロヤマブキは別属でヤマブキは花が5弁、シロヤマブキは4弁です。
  • 枝の芯がスポンジのようで、中心にある芯を棒状のもので押すと、スルッと抜けます。この時に出る音から、”スッポン”という方言名があります。

ヤマブキはバラ科ヤマブキ属

  • 適応
  • 切り傷の止血剤
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土
  • 有機質の土壌を好みます。
  • 鉢植えの場合、赤玉土(小粒)8:腐葉土2の割合で混ぜ込んだ土を利用します。
  • 地植えの場合、腐葉土か堆肥をタップリと土に混ぜ込んでおきます。乾燥気味よりも少し湿り気のある土壌の方がよく育ちます。
  • 肥料
  • 2月上旬から3月下旬に寒肥を、開花後の6月に緩効性化成肥料や固形の油かすを施します。有機質に富んだ土壌を好むので、肥料を与えすぎるよりも腐葉土を株の周囲にタップリと混ぜ込んだ方がより生長する。

  • 植え付け・植え替え
  • 適期は2月下旬から3月下旬、秋は10月~11月です。
  • 生長がとまった10月上旬から11月下旬、冬は厳寒期を除く2月下旬から3月下旬に植え付けをします。ヤマブキは根が粗いので、堀り上げる際は慎重にしましょう。
  • 鉢植えの場合、根鉢の大きさの倍の深さと幅の穴を掘り、土には腐葉土や完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。植えつけたら、根鉢の周囲にタップリと水を施しておきましょう。
  • 株分けで増やす
  • 適期は、2月下旬から3月下旬、秋は10月から11月です。
  • 株を堀上げ、枝を5本程度に分けて植えつけます。株分けは、植え替えと同じ時期に行いましょう。
  • 挿し木で増やす
  • 適期は6月上旬から7月下旬です。
  • 長さ5cm位で枝先を切り取り挿し穂にします。2時間くらい水に浸して吸水してから、用土に挿し木をします。

ヤマブキの学名はKerria japonicaです

  • 水やり
  • 自然に自生してい場所が、比較的高い場所にある沢沿いなどが多いです。強い乾燥は苦手なので、春から秋にかけての生長期には土の表面が乾いたらタップリと水を施しましょう。冬は落葉して生長も止まるので、水やりを控えます。
  • 地植えの場合、湿気のある場所であれば一度根付いたら自然にまかせます。
  • 手入れ
  • 病気→特になし
  • 害虫→シロオビアワフキ・枝に泡状のものが付いていたら、シロオビアワフキの幼虫が付着して吸汁している状態です。枯れることは無いが、取り除いておきましょう。
  • 剪定→適期は11月から3月上旬の落葉中に行いましょう。枯れ枝を基部から除く程度の剪定にしておきます。枝の寿命が短いので、新しい枝に更新しながら株を育てていきます。樹高も低いので、伸びていない途中から剪定すると、その部分から枯れこむことがあります。

※ ハーブの栽培手入れ→トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。

  • 日当たり
  • 極端に乾燥しない日なたから半日陰であれば、容易に育てることができます。少なくとも、午前中は日の当たる場所で育てましょう。
スポンサードリンク