オーデコロンミント-bergamot mint は、花は藤色で円形の種状花序を、密に茎の先端に付けます。柑橘系の香りがあり、コロンのような甘い香りのするハーブ。

オーデコロンミント

25種以上の品種があり交雑が多い

スポンサードリンク
  • 分類:シソ科ハッカ属 / 原産地:北半球温帯、アフリカ北部
  • 別名:ベルガモットミント、レモンミント
  • 学名:Mentha × piperita × “Citrata”
  • 英名:Bergamot mint
  • 園芸分類:多年性草本
  • 草丈:30~100cm
  • 開花期:7月下旬~9月中旬 / 栽培方法:地植え、鉢植え
  • 特徴
  • ペパーミントの変種で、茎と葉は少し紫色を帯びた濃緑色。葉表は滑らかでツヤがあり赤味がかっています。
  • 全草に精油分を含んでいて香りや食用として利用されている。

ベルガモットミント

  • 適応
  • 鎮静、殺菌、消化促進
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • お菓子の香料、ハーブティー
  • 用土
  • やや湿り気のある土壌で、アルカリ性の土を好みます。
  • 肥料
  • チッ素分過多の施肥は風味が落ちるので控えめに、有機質肥料を元肥に混ぜ込んでおきます。
  • 春の芽が動き始める時期に施す他に、花後にもお礼肥を施します。

ベルガモットミント

増やし方はタネマキと挿し芽・株分け

  • タネまきで増やす
  • 適期は3月下旬~5月中旬です。
  • 挿し芽・株分けで増やす
  • 株分けを兼ねた植え替えは、地植えの場合は3年ごとに行う。交雑しやすい種類があるので、花穂は早目に刈り取り結実させないようにする。
  • 植え付け
  • 3月下旬~6月上旬、9月中旬~10月中旬です。

  • 植え替え
  • 適期は生育期ならいつでも可能ですが、乾きやすい真夏だけは避けましょう。一般的には、3月下旬~6月上旬、9月中旬~10月中旬です。
  • 地植えの場合、過湿と多湿を嫌うので、水はけのよい場所を選びます。生長が旺盛で、地下茎が伸びて株が覆い茂りやすいので株間を空けて定植します。地下茎が伸びて周囲の植物を侵食するので、地下70~100cm程の深さに遮蔽板などで囲っておくとよいですね。
  • 鉢植えの場合、一回り大きな鉢に鉢増しをして、新しい用土に株を植え替えます。今より大きくしたくない場合は、株分けをしましょう。

ベルガモットミント

  • 水やり
  • 地植えの場合、根付くまでは水をタップリと施し、後は自然にまかせます。
  • 鉢植えの場合、基本的には過湿を嫌うので水を施す頻度は抑えて、表土が白っぽくなったらタップリと、可能な限りは朝の時間帯に施しましょう。特に夏季の過乾には注意が必要です。

剪定・摘心の適期は春先から秋口の間に

  • 手入れ
  • 剪定→梅雨時から夏季の、雨が多く暑くなる季節は湿度が高くなるので、蒸れや病気を防ぐために、密生した枝や葉を切り取り、株内部の風通しや日当たりをよくしましょう。
  • 葉の収穫をするついでに、効率よく剪定・摘心を行いましょう。

※ ハーブの栽培手入れ→トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。

  • 収穫
  • 開花の時期は7月~8月後半位までです。種子を収穫する場合は、開花後に結実するまで待ちます。
  • 種子の収穫をしないで、葉の収穫を優先する場合は、花を摘み取りましょう。(小さな花なので茎ごと取り除きます)
  • 日当たり
  • やや半日陰から日当たりのよい場所まで栽培が可能です。
スポンサードリンク